読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これいいよ。『女性のための防災BOOK』

明日は防災の日ですね。

 

an・an SPECIAL 新装版 女性のための防災BOOK (マガジンハウスムック)

an・an SPECIAL 新装版 女性のための防災BOOK (マガジンハウスムック)

 

 最近読んだこのムックが思いがけず良かったです。

まず本の最初にある防災心得を引用します。
  • 経験に頼り過ぎない。(前例と同じとは限らない)
  • まずは、何よりも「自分の命を守る」ことを考える。
  • 大切な人と連絡が取れる手段を複数用意しておく。
  • 自らパニックを作らない。
  • 防災の意識を普段の生活に取り入れておく。
  • 昨日までの生活を取り戻すために必要なものは、一人一人違う。
超大事だね。
こうやって箇条書きにするとサラッと流しがちだけど、一つ一つのことについて十分すぎるほどイメージすることが必要。
 
続いての『こんなときに地震が起こったら』もすごく良くて、
駅のホームにいたら
慌てず、頭をかばうこと。
天井や照明、看板、時計、案内板など、落下物の危険があるので、頭を守ることが第一。階段付近は人が殺到し、パニックになる可能性もあるので、人の少ないところで様子をみよう。

 といろんなシチュエーションごとに3段に対策が書いてあって、2段目までの情報までならなんとか知ってたけど、3段目の詳しい情報は知らないこともあったのでためになった。あー、3段目の内容を全部暗記したい!けどなかなか覚えきれないので何回も読もう。

 
そしてこの本のメインは女性のための防災グッズリスト。
「日頃からバッグに入れておきたいもの」「非常用袋に入れておきたいもの」「避難所で役に立つもの」に分けて全40アイテムほど載ってます。大きな写真で載ってるので非常にイメージしやすいです。
品目ごとに「3.11直後のリアルボイス」「プラスアルファしたいグッズ」もあります。
 
女性のための…ということで生理用品もちゃんとリストに入ってます。非常用袋には1周期分必要だそうです。
ここは感動しました。よくある女性向けでない防災グッズリストでは「女性は生理用品も必要です」とか書き添えてあるけど、実際どのくらい必要なのかは書いてなかったりするんですよね。
 
他にもいろいろ、グッズごとに必要なシーンも細かく書いてあるので、参考にしながら非常用袋を作ってみたいと思います。
私、スマホ用予備バッテリーも持ってないからね(^_^;)
あ、あと子供のおむつがいるな。
うーん3人分の非常用袋作りは結構大変かも。でもやらないとね!
 

 なお、今回のムックはこちらの2011年に出版されたものを再構成したもののようなので、こちらも貼っておきます。レビューがあります。

アンアン特別編集 女性のための防災BOOK ”もしも”のときに、あなたを守ってくれる知恵とモノ (マガジンハウスムック)

アンアン特別編集 女性のための防災BOOK ”もしも”のときに、あなたを守ってくれる知恵とモノ (マガジンハウスムック)